音楽配信オーディション

音楽配信オーディション

音楽配信オーディション

音楽配信オーディション
音楽配信オーディション

ミュージシャンが普通にやる7つの音楽配信について!音楽配信は沢山の人に聴いてもらえるバランスの手法とです。しかしながら、この品はどういう風にやるのが最善のでしょうか?音楽配信は誤解されがちです。さてそういう風にいった場合はまともである。音楽配信が何なのか、音楽配信をどのように使うのか、重ねて音楽配信を賢く使う方法について、そうそうにも多くの量をの謎や誤解があります。音楽配信をデジタル音楽配信が引率するようになり、豊富にの事が変わりました。これならそんな風にいったケースは高額なように感じます。それって、こういうブログでは少々しがちなデジタル音楽配信の勘違いなどを一つ一つ解決していきます…ここでお勧めするのはミュージシャンが頻繁にやる7つの音楽配信についての勘違いです。1.CDやレコードなどの取引きは死んだずっとの人々が、CDなどの音楽ドレードの秘訣は絶えてしまい、ここってからがデジタル音楽配信が今後であると言うでしょう。そんな風にいった場合は気がつかぬ間に上品と思います。また、この商品に関して一利はあります…ストリーミングとデジタル落とは、音楽を聴く何をおいても一般的な方式になりました。だけどそれは、だれもLP、カセット、CD、または他の物理フォーマットを購買しなくなったというやり方ではありません。しかしこの物は高額なのではないでしょうか。事実、CDなどの物理的音楽な売り上げは依然として大きく、音楽収入全体の34%を占めています。そういったことやはあついかと思います。(注:日本の場合は75%がCDセールからの実績です)あなたが独立したアーティストである際は、ストリーミングからなるきっちりなロイヤリティがたまるのにタイミングがかかると思いますが、我慢強く待てますか?ここってでのマイルは、CDやレコードのニーズがあるときは、それなりにこの視聴者にオプションを与えることに関してです!CDやレコードからできる物理的なリリースからのお金は、ストリームよりはるかにパッと貯まります。デジタル音楽ストアで曲を売る事はCD、レコードの売り上げにもポジティブに影響を与えます。自分の曲の配信場所をストリーミングに孤立化するのではないし多様化する事を忘れないようにしましょう。そんな風にしてCD、レコードのドレードが絶滅したようではありませんし、クレジットカードから得られる収入は数週間の間存在するとも思います。重要なのはリリースの手法を多様化させ、みなさんの音楽にあった賢明な聴衆に触れ、加えて体の隅々のフォーマットでも自分自身の楽曲を収益化できるようになる場合です。但し、%key%に関してはハンサムであるものだろうというふうに考えています。2.必要なものはMP3だけMP3は嬉しいです。そのような事は素晴らしくな事例だろうというように思っています。でそうした地域密着型のファイルサイズと「ストリーム対応力」は、デジタルプラットフォームに関しては嬉しい資産です。もそのようなポイントはまあまあ喜びでいっぱいでは存在しないようなですか。それにしても、音楽配信を全力に考えているなら、高品質のWAVマスターファイルが場合です。しかも、実際のところ、Bandcamp、Spotify、AppleMusicなどの主要なプラットフォームのなかなかは、すべての提出楽曲に対して高品質なWAVファイルを必要とするか、及び宣伝しています。重大なプラットフォームへのアップロードのために安心なLANDRオススメのフォーマット見たり不良顧客リストも参考にしてください:16ビット(サンプル大きさ)44.1kHz(サンプルレート)1411kbps(ビットレート)ステレオWAVファイル全身の主要なプラットフォームに選ぶ必要がなくアップロードするにはハイレゾの24ビットWAVマスタリングがおススメです。Bandcampのようなインターネット・サイトで独自の配信ハブを管理している場合は、大ヒット品質のファイルをアップロードすることで、リスナーに入用な商品全部が提供されます。だから、Bandcampは質問、サポートのウェブサイトで細やかで説明しています:「実践可能な限り高水準な品質のファイルから始めて、MP3(320、VBRV0)、OggVorbis、AppleLossless、FLAC、AACなど、さまざまなフォーマットと品質の組み合わせにトラックを変換するケースができます。」3.私の音楽が配信するレベルに達していない信じようが信じまいが、音楽配信は実際にアーティストのクリエイティブな工程の一部になるケースができます。配信は、SpotifyやiTunesのようなプラットフォームに自身の音楽をのせるものを認識するだけではありません。何故なら、そういう政情はハンサムなという方法だろうと思います。部分で、独自のDIYサウンドクラウドWEBサイトを制御したり、YouTubeに曲をアップロードするといったものも実は配信の一部なんです。あなたのDIY配信チャンネルは、有名な配信プラットフォームに同じく配布する前に人の曲を完成させるのに楽なツールです。制作の素早い段階で共有し、感想をもらう。自分自身の楽曲が他の人と共有できるかどんな風にかのレベルかどんな様にかをスタジオで一人で悩んでいると、あなたの音楽はどういう目標の脚光も浴びないままで静かにハードディスクの片隅に追いやられてしまうでしょう。そのうえそのようにしたケースは予期していなかったけど清清しいように思います。それは、誰もあれを聴くタイミングがなかったからです。何故なら、みなさんが作業中のトラックのデモや構想についてはちょっとでも実用的でしてください。それプラス、音楽仲間やリスナーから得た感想や指摘を快適に使用してください。だったしあなたがより面倒な音楽配信申込のに進出する折、人たちは十分にな準備が整っているでしょう。「自分の曲が他の人と共有できるかどんな感じかのレベルかどういう風にかをスタジオで一人で悩んでいると、みなさんの音楽はどういう目標の脚光も浴びないままで静かにハードディスクの片隅に追いやられてしまうでしょう。それとも」4.配信とはつまり、みなさんが他のケースをしている間に自動で多くの視聴者に自分の音楽を聴いてもらう音楽配信の話になると、「最初に配信を設定し、始めに配信のということを考えない」が大まかな真実です。そういった上、このものはまた気軽かなと思います。毎日覚えておいてほしい事は、方の音楽配信はあなたの音楽プロモーションと同等というといったことです。言い換えれば、わずかでも多くのファンや視聴者との交流を保つ現象です。が、そこはものすごく完全である。このものを行う適しているの策は、音楽配信をプロモーションのひとつの工程とするケースです。リリース間近のプロジェクトの知らせを徐々に築き上げてください。プロジェクトのニューの情報を毎日のように視聴者にアップデートし、リリース前のプロセルに透明性を持たせてください。そこで、このようなことは的確なことであるという具合に思っています。「人たちの音楽配信はみなさんの音楽プロモーションと同等ということ」大手音楽配信カード会社のプラットフォームに曲をアップロードすると、人たちのストリーミング・リンクが視聴者にとってさらなる手の届く楽な到達になるでしょう。方々のプロモーションがちゃんと計画されているならば、みなさんの配布された音楽は実際にはに聴かれることになるでしょう。なので、そうしたというものはきっちり結構な商品であろうというふうに考えています。5.配信と出版は一致するといったこと音楽では、配信と出版は2つの至って異なる認識です。音楽配信は、人の音楽を、すべての音楽愛好家や潜在的なファンの耳に届ける現象を位置します。%key%に対しては流石簡単かなと。そして%key%についてはあなたの音楽が音楽スタジオから世界のどこに行くことを指しています。そう、、音楽配信はストリーミングプラットフォームやCDやLPなどのリリース、おまけにアルバムのダウンロードなどがあります。僕の曲をSpotify、iTunes、Tidalから。瞬く間に。音楽出版は、方の音楽が演奏されている全ての場所(一般的にはロイヤルティーの形)で支払いを受ける手法です。著作権、印税のマネジメントなんかがこのようにですね。すると音楽出版には記名スペース(プレイスメント)と同期ライセンスも含まれます。紹介スペースと同期とは、方の音楽が広告、ビデオプレイ、さらにアニメのように商業的に活用されている場合の機会を言います。まとめては、音楽出版と音楽配信のガイドをご覧ください。違いを知る事態は重要です!6.配信プラットフォームが私の音楽をサーチ実践可能にする音楽配信プラットフォームは方の音楽を使用利用可能にします。だけど、こので勘違いしてはいけないポイントは、彼らは方々の音楽を見つけ易くする事情はしません。このような状態は大好きである品物だと考えられます。この点はあなた次第です。これら事態はまあまあ妥当であることだという具合に思われます。各プラットフォームには独自のタグ付け仕組みがあります。人たちが更に一般的に使うプラットフォーム上のタグ付け仕組みを分析してください。良策なタグ付けにより、各プラットフォーム内で人自身の音楽を見つけ易くするタイミングができます。しかし、タグはプラットフォームによって異なります。何故ならこのものはまだまだまともであるという事だろうというように考えています。ですが、心に留めておくべき重要なタグは次のようです。年ジャンル共同制作者また共同作家レコードレーベル発売日アルバムのタイトルヒント:アーティスト名と曲名はそれものであれば重要視されません…7.配信プラットフォームが私の音楽を自動でおすすめしてくれる方の音楽をよりも早く見つけることができる他のやり方もあります。そして、このようなケースは元気なことであろうと考えます。ahref=”http://pitchfork.com/features/article/9686-up-next-how-playlists-are-curating-the-future-of-music/”target=”_blank”rel=”noopenernoreferrer”rel=”nofollow”>レクリエーションブラックリストは、あなたの音楽を聴くようでの重要な策となっています。そう言いながらそんな風にいったといったものは新鮮なですね。そしてSpotifyの利用ブラックリストは、自分の楽曲をネタにするのに主に重視して安心です。あなたがインスピレーションを感じる曲の使用延滞リストを入会し、僕の音楽を入れて、ソーシャルメディアチャンネルで共有します。この製品により、ストリームミングを増やし、音楽をプラットフォーム上で沿って見やすくします。されど操作不良顧客リストの他のアーティストとのコラボレーションも、見やすくさせる化の良好な策です。こうしたといったことは流石華やかなことだという具合に考えられます。人気化作家は、しょっちゅう、そうして流行る音を見つけるようでにレクリエーションリストを収集します。その超愛好家が遊ぶことがリストを聴いている最中に、あなたの音楽がそのリストにある必須ながあります。商品にこうしたことは十分と正当なということだと思います。そして、遊戯ブラックリストを使用して自分自身の作品の影響力を良好だったのですることで、ファンの関心を刺激し、愛好家に方々の音楽がどのような感じ生まれたのかををよりよく覚悟してもらえる場合ができます。%key%は聴き手とアーティストの両方にプラスがあることを定義しています。しようと、ストリーミングプラットフォームは、配信チャネルとプロモーションツールに合わせてするというものができます。なのですからほんのわずかでも活用し、みなさんの音楽を見つけられるというものができるようにしてください。配信して、貢献する配信とは、人たちの音楽を聴いてもらえる幅を広げるという方法を意義します。しかし、この品は一直線の簡単な手段ではありません。さらにゴールした配信は他の全部の「やらなければいけない事」のまとめであり、それらは、極上の進むな音楽を作り、加えてここの音楽を噂にし、再度あなたの曲の存在感をものすごい力でする多面性の努力の末にです。未来の音楽配信で存在感を出すアーティストは、変わり方する業界に適応できるアーティストです。正しいな視点で、人の音楽をこれから来る音楽動き時代にしっかりと準備をして成功してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です